いなだみほの甘い生活
by mihoalamode
カテゴリ
全体
travaille
お菓子を食べたそのあとは…
北国のおかし
お知らせ
日々是好日
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
お気に入りブログ
le-miel news
クローブ・コノリーブログ
最新のコメント
コザッシーさま うれし..
by mihoalamode at 10:49
時々ブログのぞいてます。..
by コザッシ- at 14:39
前田さま こちらこそ。..
by mihoalamode at 10:19
こんばんは。。つよしさん..
by moro at 02:40
moroさん コメント..
by mihoalamode at 15:26
こんにちは、お久しぶりで..
by moro at 12:29
Thx for your..
by Royce Perrault at 16:26
山下さん コメントあり..
by mihoalamode at 10:33
「母の日は1年365日。..
by 山下衛 at 10:06
高井さん コメントあり..
by mihoalamode at 18:23
メモ帳
最新のトラックバック
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
会津若松の「滋養パン」
レトロなパッケージとインパクトのある商品名にひかれて、
お取り寄せしてみました。

創業は嘉永元年(1848年)、
会津若松に店を構える菓子屋・本家長門屋の「滋養パン」。

レトロなパッケージに入っているのは
淡味の滋養パン、
黒糖味のうさぎパン、
ゴマが香るグローブパン、
味噌味は相撲パン。

どれも古い金型で作られていて、素朴な形が印象的。
作られていた大正から明治初期には
栄養価の高いお菓子として親しまれていたようです。
そんな懐かしの味をリメイクしたパンは
牛乳や砂糖、バター、卵、ハチミツなどを
使用していて、もちろん現在も栄養たっぷり。
パンとはいえ、イーストを使用していないので、
どちらかというとふっくらクッキーという感じでしょうか。
ほろりとした食感とコクのある甘みが
ひだまりのように
やさしく、懐かしく、あたたかい…。


f0235253_1731385.jpg

















photo by masaharu sakaue
[PR]
by mihoalamode | 2012-05-31 17:04 | 北国のおかし | Comments(0)
うちのスカイツリー
おとうさんの誕生日にプレゼントした
東京スカツリー。
最初から完成しているわけではなくて、
明治製菓のチョコベビーみたいな
小さなパーツをつないでいく
キットです。

難易度☆☆☆☆☆だったけど
母と一緒に
楽しくつくってくれました。



f0235253_141219.jpg
[PR]
by mihoalamode | 2012-05-29 14:01 | Comments(0)
「しあわせなふくろう」
登場するふくろう夫婦のように
ステキなご夫妻に教えてもらった絵本。

福音館創立60周年記念出版で
復刊された
オランダ民話『しあわせなふくろう』。

明日、結婚式を挙げる
お友達に贈るつもりです。


f0235253_1884198.jpg
[PR]
by mihoalamode | 2012-05-25 18:09 | Comments(0)
「アトリエミニョネット」さん
神戸パティスリーネットさんで
アトリエミニョネット」さんを取材させていただきました。
王子公園や美術館にも近いので
お散歩がてら訪ねたいお店です。
今年はもう販売スタートされたアイスクリーム&ジェラートがおすすめです!

[PR]
by mihoalamode | 2012-05-25 13:38 | Comments(0)
香りとともに届くみゆきさんの手紙
花やハーブの香りとともに届く
かぜまがり村のみゆきさんからの手紙。
なんとなく季節ごとにいただいている気がして
わたしは勝手に季節の定期便と呼んでいます。

そんな定期便、一昨日も届きました。

わたしは、もう子供のようにうきうき。
急いで部屋に戻り、
封を開ける準備をします。

なぜなら、
みゆきさんからの手紙には
とってもうれしい、いい香りの
素敵なものがいつも入っているから。

花やハーブのやさしい香りのもとは、
みゆきさんお手製のハンドクリームや
リップクリーム、ソープなど。
それぞれ
ラベンダー、ローズマリー、
レモングラス、月桃の葉、レッドクレイなど、
天然素材で作られています。

「水仕事のあとにつけてね」
「あ、でも、塗った後、すぐに紙をさわらないでね」
とか
「かかとのかさかさにもいいよ」
「リップとしても使えるよ」
とか丁寧に書いてくださっています。

みゆきさんのクリームは
香りもよくて、本当に使い心地がよくて…。
わたしのかかとがこの冬すべすべだったのは
みゆきクリームのおかげ。

今回は
「あこちゃんにも…」と
妹の分まで入っていました!

季節ごとに密やかに楽しみ。
ああ、でも長らくみゆきさんに
お会いしていないなあ〜。

でも、
みゆきさんのご主人・村里ゆきおさんが
個展をされます。
「奏でる木」
2012年 5月24(木)~5月29日(火)
場所は「しあわせなふくろう」
神戸市東灘区本山北町3-4-9 甲南ビラ1F
☎078-412-1417

わたしのアパートからも近いから
足を運んでみようと思っています。


f0235253_12149100.jpg













おいしそう。
でも食べられません。

[PR]
by mihoalamode | 2012-05-22 12:13 | Comments(0)
形もかわいく元気ももらえる「小法師」
上菓子司会津葵の「小法師」

何回転んでも起き上がることから
「七転び八起き」の意味を持つ
会津地方の縁起物の郷土玩具・起き上がり小法師。
この縁起物の形を模した「小法師」は、
小豆餡と白小豆黄身餡の2種類。
ほっくり優しい甘みのお菓子です。
石衣で包んで、仕上げに赤い帯を巻いた姿は
起き上がり小法師そのもの。
お菓子の小法師の並ぶ
八角形の箱の真ん中には
玩具の起き上がり小法師が1つ。
転んでも転んでも起き上がる姿を見ながら
いただくと、元気ももらえるお菓子です。



f0235253_15165259.jpg

















photo by masaharu sakaue
[PR]
by mihoalamode | 2012-05-16 15:19 | 北国のおかし | Comments(0)
母の日に思うこと
さて、あと何年、何ヶ月、何日、何時間、
母と一緒に過ごすことができるのだろう。
70の声を間近に聞くようになった母(もちろん父も)のことを考えると
そう思わずにはいられない。
ふと触れた母の肩や腕、足が
思いのほか細くてか弱くて、
母ってこんなに小さかったっけ?
と、なんだか心細く、寂しくなってしまったのは
ここ数年のこと。
高血圧、糖尿病を患ってしまい、
大好きな甘いものを控えないといけない母の残りの人生。
わたしが仕事でもらってきたお菓子を恨めしそうに眺めて
ちょっと寂しそうな母を見ると切なくて…。
でも、
それでも母は逞しく、義母の面倒をみて、庭いじりに精を出し、
朝夕散歩に出かけ、毎日、朝昼夜ときちんと食事を作って食べている。

小さい頃からずっと病気ばかり、
結婚もしないで、孫の顔を見せてあげることもできず、
心配ばかりかけ続けた親不孝な私を
攻めもせず、黙って笑って迎えてくれる母。

母に対して、わたしは一体どんなことができるのだろう?

いろいろ考えたけれど、
「お母さん、長生きしてね。
そして、できるだけ一緒に、楽しい時間を過ごしましょう」
ということが、わたしが母にできること。
っていうか、いつまでたっても母離れできない
わたしが、母と過ごしたいだけなのかもしれないなあ。
それでも、いいや。後悔したくないから。

わたしにとって、
母の日は1年365日。
毎日、感謝でいっぱいです。

そして、とにかく、
この一言に尽きるのです。

お母さん、わたしを産んでくれて本当にありがとう。



f0235253_234391.jpg
[PR]
by mihoalamode | 2012-05-13 23:05 | Comments(4)
カメラマン坂上正治さんと…
カメラマン坂上正治さんと…
久しぶりのうちのアパートで撮影です。



f0235253_10185970.jpg
[PR]
by mihoalamode | 2012-05-13 10:19 | Comments(0)
Meets 「男子パン」特集
「Meets」6月号の「男子パン」特集を
編集の竹村さんに声をかけていただいて
お手伝いさせていただきました。

「パン男子」企画、3人のインタビュー、楽しかったです。

さざなみベーカリー浪越啓之さん
ハーバックストゥーベの端野智之さん
味取の仲村計摩さん

3人とも穏やかだけど芯のある、すっごくステキなパン職人さんでした。

停電、電車の遅延など、取材時のパプニングや
食パンの耳の話や好きな音楽の話など、
書ききれなかった楽しいエピソードも含め
思い出深い取材となりました。



f0235253_1433839.jpg
[PR]
by mihoalamode | 2012-05-09 14:03 | Comments(0)
オランダのワッフル
ワッフルというと、
ベルギーワッフルのイメージ!?
実は、ベルギーのお隣の国オランダにも
18世紀からワッフルがありました。

オランダのワッフルは、ストロープワッフルという名前。
ストロープというのは、シロップのこと。
シロップをたっぷりサンドされたワッフルは、
オランダ人の定番のおやつなんだそうです。

わたしの住む隣町六甲にある
「ワーフルハウス」は、オランダ人マルコさんが運営するストロープワッフル専門店。
甘いキャラメルソースの香り漂う店内は、
アットホームな雰囲気で居心地がいいったらなくて…。
焼きたてのワッフルのしっとり&サクサク感は、ここならではのおいしさ。

店先の小窓からはテイクアウトもできますよ!




f0235253_19213666.jpg
[PR]
by mihoalamode | 2012-05-07 19:28 | Comments(0)
AX