いなだみほの甘い生活
by mihoalamode
カテゴリ
全体
travaille
お菓子を食べたそのあとは…
北国のおかし
お知らせ
日々是好日
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
お気に入りブログ
le-miel news
クローブ・コノリーブログ
最新のコメント
コザッシーさま うれし..
by mihoalamode at 10:49
時々ブログのぞいてます。..
by コザッシ- at 14:39
前田さま こちらこそ。..
by mihoalamode at 10:19
こんばんは。。つよしさん..
by moro at 02:40
moroさん コメント..
by mihoalamode at 15:26
こんにちは、お久しぶりで..
by moro at 12:29
Thx for your..
by Royce Perrault at 16:26
山下さん コメントあり..
by mihoalamode at 10:33
「母の日は1年365日。..
by 山下衛 at 10:06
高井さん コメントあり..
by mihoalamode at 18:23
メモ帳
最新のトラックバック
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:北国のおかし( 39 )
津軽ゆめりんごファームのApple jam
最初に覚えた英語は
Apple。
というのは、さておき、
青森県津軽にある「津軽ゆめりんごファーム」から
芦屋の紅茶・中国茶専門店「Uf-fu」で
届きたてのコンフィチュールを見つけました。
青森県津軽にある「津軽ゆめりんごファーム」のApple jam。
セレクテッドシリーズ・コンフィチュールとうたわれている
この品は、安心へのこだわりから生まれた
青森県特別栽培農産物のりんごだけで作られた無添加コンフィチュールです。
いまの季節は、ふじ。
お砂糖もゲル化剤も一切使用しないで作られているから
りんごそのものがぎゅっと凝縮。
甘みと酸味がほどよくて、すっきりとした味わいです。


f0235253_1134527.jpg
















photo by masaharu sakaue

[PR]
by mihoalamode | 2014-11-20 11:04 | 北国のおかし | Comments(0)
増田町ジュース加工所のりんごジュース
ビンでも缶でもなく、アルミパック。
そのいでたちに一目惚れして買いました。
秋田県横手市増田町ジュース加工所
「太陽をいっぱい浴びた果汁100%りんごジュース」は、
厳選りんごを皮ごとジュースにしているのだそうです。

袋の上の切り口を切って、コップに注いで飲むのもよいのですが、
わたしは切り口にストローを差し込んで、ゴクゴクと…。
そして、パッケージのまま凍らせると
シャーベットのようにシャリシャリに…。
これから暑くなる季節に、凍らせて持って出かけて、
溶けかけた頃に出先で飲むのがいいかも?!
と、1人ほくそ笑む初夏の夕暮れ。

たまたま通りかかった東北物産展で見つけました。
長く保存ができるのもポイント。
物産展では味は王林、ふじ、千秋がありましたが、
ネットで見るとほかにもいろいろありそうです。


f0235253_1636533.jpg
















photo by masaharu sakaue
[PR]
by mihoalamode | 2014-06-21 16:39 | 北国のおかし | Comments(0)
春の訪れ感じるいちごゼリー
ふたを開けると、
甘酸っぱいイチゴの香り。
食べる前から、
一気に春が来たような
はなやか気分になりました。

岩手にある造り菓子 竹芳
「いちごの雫」は、
盛岡市太田・佐々恵農園さんの
いちごを贅沢に使用。
いちごのおいしさが凝縮された
和風ゼリーです。
色も香りもいちごそのもの。

春だけのお楽しみの
赤くて四角いかわいいお菓子。

白い日にいただきました。


f0235253_1218543.jpg
[PR]
by mihoalamode | 2014-03-25 12:18 | 北国のおかし | Comments(0)
北国のおかし「秋田犬諸越」
おはじきか双六のコマみたいな
かわいい小さな丸には、犬の型押し。
「秋田犬諸越」というお菓子です。
秋田には諸越(もろこし)という
小豆粉とお砂糖で作られた銘菓が古くからあるのだそうです。
秋田の和菓子屋さんには必ずあるこの諸越。
創業1705年(宝永2年)の「杉山壽堂」が元祖秋田諸越本舗。
こちらの諸越は、厳選された上質の小豆粉に砂糖・和三盆糖を加え、型打ち、乾燥、下焼きします。
「もろこし」と聞くと、「トウモロコシ」が頭に思い浮かぶのですが、
秋田のみなさんの間ではトウモロコシよりも先にこのお菓子が思い浮かぶ?
秋田犬を型どった「秋田犬諸越」は、上焼・あん粉・抹茶の3種類が楽しめます。
どれも、上品な甘さと口どけ良く…。素朴でやさしい味わいです。
そういえば、うちには私が15歳くらいまで、
秋田犬が2匹いました。このお菓子を食べながら
祖父がかわいがっていた2匹のことを思い出しました。

f0235253_16484912.jpg

















photo by masaharu sakaue
[PR]
by mihoalamode | 2014-02-20 16:52 | 北国のおかし | Comments(0)
北国のおかし「モーリオのくるみクッキー」
木工教室の先生ぞうさんの奥様えつこさんから
かわいいパッケージのおみやげが届きました。
東北を旅されてきたそうで
いただいたのは、盛岡・光原社のくるみクッキー。

切り絵のようなデザインの箱の中には
くるみクッキー。
小さく砕いたクルミがサンドされ、しっとりとした食感。
素朴でやさしい味わいでした。

おたよりに書かれていたブナ林の紅葉に思いを馳せながらいただきました。


f0235253_10483355.jpgf0235253_10474526.jpg
[PR]
by mihoalamode | 2013-11-07 10:49 | 北国のおかし | Comments(0)
北国のおかし「日本生まれのオランダせんべい」
その名に惹かれてお取り寄せしたのは
酒田米菓の「オランダせんべい」。
かつてポルトガルから伝わった
カステラや金平糖などの
南蛮菓子のように、オランダからやってきたお菓子なのかと思ったら、
庄内地方の方言で「私たち」のことを「おらだ」と言うらしく
「私たちのお米で作ったおせんべい」が
「おらだのせんべい」ということで
「オランダせんべい」と…。
なんだなんだ、ダジャレ?みたいなネーミング。

山形県庄内産のうるち米を
2ミリの薄さで焼き上げた
元祖薄焼き煎餅は、パリッした歯ごたえとあっさり塩味。
イメージキャラクター・オランダちゃんのパッケージもかわいい
東北限定販売のお菓子です。

f0235253_1102059.jpg

















photo by masaharu sakaue
[PR]
by mihoalamode | 2013-09-02 11:01 | 北国のおかし | Comments(0)
北国のおかし CAFE OZANの「クロワッサンラスク」
秋田県に春から夏にだけ
オープンするカフェがあるのだそうです。

CAFE OZAN」。

森の中に佇む、築120年の古い民家を生かした店は、
明治モダンの雰囲気あふれる贅沢な空間。
こちらの人気商品が
「クロワッサンラスク」。
ヨーロッパ産の小麦粉と良質のバターで作った
クロワッサンを二度焼き。
じっくり8時間かけてつくられるラスクは
サクサクッと軽い歯ごたえと芳醇なバターの香りが特徴。
シュガーやキャラメル味のほか、
砂糖漬けのレモンと一緒に焼き上げたシトロンや
マンゴー、ワイルドブルーベリーなどのフルーツ系と
ベルギー産チョコでコーティングされたタイプなど種類豊富!
どれもおいしそうで、迷いに迷いましたが、
このたびは、季節限定フルーツラスクをお取り寄せ。

北国のノスタルジックなカフェに思いを馳せていただきました。


f0235253_15132794.jpg
















photo by masaharu sakaue
[PR]
by mihoalamode | 2013-08-31 15:14 | 北国のおかし | Comments(0)
北国のおかし 御菓子司 山田家の「白露ふうき豆」
やさしい薄緑色がコロコロ。
ほろりとほどけるおいしさです。

昭和6年創業。山形県の老舗の和菓子屋。
御菓子司 山田家の「白露ふうき豆」の材料は豆、砂糖、塩のみ。
北海道産の青えんどう豆の皮を1粒1粒丁寧にむき、
砂糖と一緒に煮上げたお菓子は、表面はサラリ、
中はしっとり&まろやかです。
絶妙な豆のやわらかさと上品な甘味にひと目惚れし、
ときどきお取り寄せしています。
ほんのり効いた塩味も、豆の風味を引き立てています。
そのまま、お煎茶と一緒に味わうのが定番ですが、
アイスクリームにトッピングしたり、
トーストにのせて食べてもおいしい。
そして、この夏は、思い切って冷凍してみました。
最初シャリッ、そのあとじんわりとほっくりしてくる感じも楽しい。
この食べ方は、お父さんも気に入ってくれ、我が家の定番の食べ方になりそうです。

f0235253_915586.jpg
















photo by masaharu sakaue
[PR]
by mihoalamode | 2013-08-16 09:17 | 北国のおかし | Comments(0)
北国のお菓子 浪花屋製菓の「柿の種」
「柿の種」の元祖と言われている新潟の浪花屋製菓。
越後にあって浪花屋とはこれいかに?
大正12年の創業当時はうるち米のせんべい作りをしていた先代は、
のちに大阪のあられ作りを取り入れて、
餅米を使ったあられを作るようになったのだそう。
それが、店名の由来なのだとか。
そして、オレンジ色の三日月型、というか柿の種形の所以は、
当時は、小判型の抜き型を使っていたのですが、
ある日、ご主人の奥さんが、その金型をうっかり踏んでしまって……。
元に戻らない型をそのまま使用したところ、
「形が柿の種に似ているね」と言われたことから、
「柿の種」が誕生したのだそう。

楽しいエピソードから、約90年。
今は、小袋、缶入り、ピーナツ入り、大辛口味、柿チョコなど
さまざまなバリエーションも!

かわいいイラストの小袋タイプを
新潟を満喫してきたmちゃんが買ってきてくれました。
mちゃん、ありがとう。


f0235253_1051126.jpg

















photo by masaharu sakaue
[PR]
by mihoalamode | 2013-08-01 10:52 | 北国のおかし | Comments(0)
北国のお菓子 松月製菓の「薄荷糖」
夏休みを利用して新潟旅行に行かれていた
mちゃんからの越後土産です。
新潟ではおなじみ(だそう)の「薄荷糖」で
いつもいろいろなお店の薄荷糖を試してるというmちゃんが
必ず買うのは、松月製菓のもの。
元祖っていう感じのパッケージがレトロで素敵です。

袋を開けると、ふわりと薄荷の香り。
新潟の風?!
清涼感溢れる薄荷が夏の暑さをクールダウンしてくれました。
ポリッと齧ると、さらにスーッ!
口の中でほろりと崩れながら、爽やかに消えていきました。

儚い口溶けと薄荷の余韻で、しばし涼を……。
暑い夏にうれしい、北国のおみやげでした。
mちゃん、ありがとう!



f0235253_9463742.jpg

















photo by masaharu sakaue
[PR]
by mihoalamode | 2013-07-31 09:48 | 北国のおかし | Comments(0)
AX